平山家住宅とは 飾り文字

平山家住宅を活用して楽しむ会HP 説明ページTOP画像

中世の館跡に建てられた平山家住宅は江戸時代中期の建築で、関東地方でも有数の農家住宅として、国重要文化財に指定されています。入母屋造りの大屋根は低く、巨大で40畳の土間と5つの部屋を有しています。組み上げられた湾曲した松材は力づよく大屋根を支えています。

概要
 桁行19.3m 梁間10.9m
 入母屋造り茅葺の平屋建て

 屋敷の周囲に現在も濠跡が残っています

平面図
平山家住宅を活用して楽しむ会HP 平面図

戻る

Copyright (C) 2014 Hirayamake wo KATSUYOU shite TANOSHIMU kai all right reserved.